warew

日本の自然が、日本女性の美を育む。
warewの国産天然由来成分へのこだわり。

warewは日本古来より生薬として知られる植物の研究を重ね、
その天然由来成分を取り入れています。
さらに、国産の植物の蒸留水や別府の温泉水をベース成分として贅沢に配合。
この天然由来や国産成分へのこだわりが、
warewの全アイテム天然由来成分九五%、国産成分九〇%以上を実現させました。
また、すべての原材料のトレーサビリティーを確保し、最終加工国を把握。
すべての原料に対して、厳しい自社基準をクリアしたものだけを使用しています。
その選り抜きの美容成分は、独自の微細化技術で肌のすみずみまで届けられ、
肌にいきいきとした美しさをもたらすのです。

〈その他のこだわり〉

製品は世界で一番大きな国際有機認定機関・エコサートの認証取得工場で生産。
遺伝子組み換えされた原料、合成着色料、香料、パラベン、
動物性原料、鉱物油を使用していません。

〈warewだけの定義〉

天然由来とは、自然の恩恵を受けた農作物や収穫物から直接得られたもの、
そして生物が生み出したものから取り出した成分のことを言います。
また、国産成分とは、国内で得られた天然物を使って得られた成分、
または国内で最終加工が行われた成分のことを言います。

※肌とは角層のことを指しています。

warew

梅 <ウメ>

ウメの実は古来より
抗菌効果や疲労回復効果が
あるといわれ、果実を燻蒸したものは
健胃・整腸・強心作用が
あるとされています。

松葉 <マツバ>

日本では神が宿る神聖な木
といわれる赤松の葉は、
生薬として、血流促進作用、
去痰、鎮痛、健胃作用が
あるとされています。

桜皮 <オウヒ>

ヤマザクラの樹皮を
乾燥させた桜皮は、生薬として、
解毒・解熱・鎮咳・去痰作用、
肌には収れん作用が
あると認められています。

厚朴 <コウボク>

古来より刀の鞘などに
利用されていたホオノキの樹皮を
乾燥させた厚朴は、生薬として、
抗菌作用、鎮痙作用、健胃作用が
あるとされています。

warew